映画「チャーリーとチョコレート工場」を無料で見る方法!【あらすじ・感想】

チャーリーとチョコレート工場

この記事では、2005年に公開されたティム・バートン監督の映画「チャーリーとチョコレート工場」を無料で見る方法を解説します。

また、「チャーリーとチョコレート工場」のあらすじ・評判・感想についても書いています。

むー

ティム・バートン×ジョニー・デップ!

今すぐ映画「チャーリーとチョコレート工場」が無料で視聴できる動画配信サービス

「チャーリーとチョコレート工場」は動画配信サービスの「U-NEXT」で視聴可能です。U-NEXTでは新規登録で無料お試し体験ができます。

「チャーリーとチョコレート工場」をU-NEXTで見る

U-NEXTのおすすめポイントは3つあります。

  • 31日の無料体験期間がある
  • 見放題動画14万本以上、動画レンタル2万本
  • いつでも解約できる

新規登録すると31日間の無料体験期間があり、その期間であれば無料で「チャーリーとチョコレート工場」を見ることが可能です。

また、無料体験登録で600円分のU-NEXTポイントが貰えます。このポイントを利用して新作映画を視聴することもできます。

※31日間の無料体験中に解約しても料金はかかりません。

本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

「チャーリーとチョコレート工場」のあらすじ

チャーリーとチョコレート工場:あらすじ

世界中で大人気のウィリー・ウォンカ製のお菓子。しかしその工場の中は完全非公開であり、謎に満ちていた。
ある日、ウォンカは「生産するチョコレートの中に5枚だけ金色のチケットを同封し、それを引き当てた子供は工場を見学する権利が与えられ、さらにそのうちの一人には想像を絶する素晴らしい副賞がつく」という告知を出した。世界中がチケット争奪で大騒ぎとなる中で運良く引き当てたのは、食いしん坊の肥満少年オーガスタス、お金持ちでわがままな少女ベルーカ、いつもガムを噛み勝利にこだわる少女バイオレット、テレビ好きで反抗的な少年マイク、そして家は貧しいが家族思いの心優しい少年チャーリーだった。
彼らはウォンカの招待のもと、工場の中で夢のように不思議な光景を体験していく。

引用元:Wikipedia

「チャーリーとチョコレート工場」のキャスト&スタッフ

キャスト
(俳優:役名)
ジョニー・デップ:ウィリー・ウォンカ
フレディ・ハイモア:チャーリー・バケット
デヴィッド・ケリー:ジョーじいちゃん
ヘレナ・ボナム=カーター:バケット夫人
ノア・テイラー:バケット氏
ミッシー・パイル:ボーレガード夫人
ジェームズ・フォックス:ソルト氏
ディープ・ロイ:ウンパ・ルンパ
クリストファー・リー:ドクター・ウォンカ
アダム・ゴドリー:ティービー氏
スタッフ
監督:ティム・バートン
原作:ロアルド・ダール
音楽:ダニー・エルフマン
脚本:ジョン・オーガスト
製作:ブラッド・グレイ、リチャード・D・ザナック

「チャーリーとチョコレート工場」の評判をTwitterで調べてみた

「チャーリーとチョコレート工場」の豆知識

ベルーカ・ソルトを襲うシーンのリスは本物

わがままな社長令嬢ベルーカ・ソルト。劇中でベルーカ・ソルトがリスを手に入れようとして、リスに襲われてしまうシーンがありますよね。

あのシーンで登場するリスはCGではなく本物です。ベルーカ・ソルトを襲うシーンを撮影するために、40匹のリスが毎日10週間に渡って訓練されたそうです。

最終的なシーンではCGとアニマトロニクス(生物を模したロボットを使って撮影する技術)で補完されていますが、メインのアクションは本物のリスが行っています。

むー

リスって調教できるんだっていう驚き。めっちゃかわいい

原作者ロアルド・ダールは貪欲な子供、甘やかされた子供、無知な子供、テレビが嫌いだった

「チャーリーとチョコレート工場」の原作者ロアルド・ダールは生前、貪欲な子供、甘やかされて育った子供、無知な子供、テレビが嫌いということで有名でした。

このことが、食いしん坊の少年オーガスタス、わがままな少女ベルーカ、高慢な少女バイオレット、テレビ好きな少年マイクというキャラクターを生み出すきっかけになったそうです。

むー

”イヤな子供”が最後ひどい目にあうっていうのは原作者の好みが出てるんだね

ウィリー・ウォンカの父であるウィルバー・ウォンカは原作には登場しない

ウィリーの父で歯科医のウィルバー。彼は原作には登場していないキャラクターで、監督のティム・バートンと脚本のジョン・オーガストの協力で誕生しました。

ティム・バートン監督は、父親の性格がウィリー・ウォンカのキャラクターの説明に役立つだろうと考えたそうです。

もしあの父親の存在がなければ、ウィリー・ウォンカは「ただの変なやつ」になると思ったそうです。

むー

ちなみにウィリー・ウォンカが子供時代に着けている歯科器具は、ティム・バートン監督の子供時代を参考にしてるらしい

「チャーリーとチョコレート工場」管理人むーの感想

ティム・バートン監督の前作「ビッグ・フィッシュ」に続いて、家族関係や父と子の和解がひとつのテーマになっている。

「ビッグ・フィッシュ」は割と大人向きの父子関係の描かれ方だったけど、「チャーリーとチョコレート工場」ではよりファンタジー要素が強調されていて子供でも楽しめる内容になっている。

ウィリー・ウォンカを演じるジョニー・デップの演技がめちゃくちゃ雰囲気がある。ジャック・スパロウとかマッドハッターとかひとくせあるキャラクターを演じるのがほんと上手いよね。

「チャーリーとチョコレート工場」を初めて観たのは小学生のときだったと思うけど、やっぱり映画を通しての”ワクワク感”がすごい。チョコレートの川からチョコをすくって飲みたいと何度思ったことか。子供が憧れるようなチョコレート工場の演出がある一方で、映画全体に不思議で独特な雰囲気があって奥行きがある映画だと思う。

それと”ちょっとイヤな子供”の描き方がうまい。小中学生の頃を思い出すと「そういう感じの人いたなぁ…」ってなるリアリティ笑

劇中でこのイヤな子供たちが最後はひどい目にあうっていうのはスカッとするけど、こういうのって親の躾の問題でもあるのかなと。子供を必要以上に甘やかしたりとかっていうのは、子供のことを考えると本当の愛ではないのかもしれない。

映画の締めはきっちりと分かりやすいハッピーエンドで家族愛や親子関係がテーマになっているから、家族みんなで観たり恋人と観たりするのにおすすめの映画だと思う。

「チャーリーとチョコレート工場」管理人むーのおすすめポイント

  • 大人だけでなく子供も楽しめるストーリー
  • 家族や親子関係がテーマなので、家族みんなで観るのに最適
  • 父子関係に悩む人にもおすすめ
映画「チャーリーとチョコレート工場」を視聴する

※31日間の無料体験中に解約しても料金はかかりません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です