映画「ビッグ・フィッシュ」を無料で見る方法!【あらすじ・感想】

ビッグ・フィッシュ

この記事では、2003年に公開されたティム・バートン監督の映画「ビッグ・フィッシュ」を無料で見る方法を解説します。

また、「ビッグ・フィッシュ」のあらすじ・評判・感想についても書いています。

むー

少しずつ父を理解していく父子関係を描いた感動作!

今すぐ映画「ビッグ・フィッシュ」が無料で視聴できる動画配信サービス

「ビッグ・フィッシュ」は動画配信サービスの「U-NEXT」で視聴可能です。U-NEXTでは新規登録で無料お試し体験ができます。

「ビッグ・フィッシュ」をU-NEXTで見る

U-NEXTのおすすめポイントは3つあります。

  • 31日の無料体験期間がある
  • 見放題動画14万本以上、動画レンタル2万本
  • いつでも解約できる

新規登録すると31日間の無料体験期間があり、その期間であれば無料で「ビッグ・フィッシュ」を見ることが可能です。

また、無料体験登録で600円分のU-NEXTポイントが貰えます。このポイントを利用して新作映画を視聴することもできます。

※31日間の無料体験中に解約しても料金はかかりません。

本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

「ビッグ・フィッシュ」のあらすじ

ビッグ・フィッシュ:あらすじ

身重の妻ジョセフィーンと暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。彼の父エドワード・ブルームは自らの人生を巧みに語って、聞く人を魅了するのが得意だ。ウィル自身も幼い頃は父の奇想天外な話が好きだったが、年を取るにつれそれが作り話であることに気づき、いつしか父の話を素直に聞けなくなっていた。3年前の自分の結婚式にエドワードが息子ウィルの生まれた日に巨大な魚を釣った話で招待客を楽しませた時、不満が爆発する形でウィルは父に今夜の主役は自分であると訴え、父は自慢の息子の結婚式を盛り上げるためだったが裏目に出てしまい、ウィルは一方的に父と疎遠になる。

引用元:Wikipedia

「ビッグ・フィッシュ」のキャスト&スタッフ

キャスト
(俳優:役名)
ユアン・マクレガー:若き日のエドワード・ブルーム
アルバート・フィニー:エドワード・ブルーム
ビリー・クラダップ:ウィル・ブルーム
ジェシカ・ラング:サンドラ・ブルーム
ヘレナ・ボナム=カーター:ジェニファー・ヒル/魔女
アリソン・ローマン:若き日のサンドラ・ブルーム
ロバート・ギローム:ドクター・ベネット
マリオン・コティヤール:ジョセフィーン
マシュー・マッグローリー:カール
ミッシー・パイル:ミルドレッド
スタッフ
監督:ティム・バートン
原作:ダニエル・ウォレス
音楽:ダニー・エルフマン
脚本:ジョン・オーガスト
製作:ブルース・コーエン、ダン・ジンクス、リチャード・D・ザナック

「ビッグ・フィッシュ」の評判をTwitterで調べてみた

「ビッグ・フィッシュ」の豆知識

当時のティム・バートン監督自身の実生活で起こったことと類似している

ティム・バートン監督の父親はこの映画の2年前に亡くなり、母親は監督の仕事を引き受ける1ヶ月前に亡くなっています。また、2003年には息子が誕生しています。

ティム・バートン監督は、親子関係や死について考えることは本当に心の浄化になると語っています。

もともとスティーブン・スピルバーグが監督する予定だった

2000年時点ではスティーブン・スピルバーグが監督を務める予定でしたが、脚本が何度か書き直されるにつれスピルバーグは他のプロジェクトに没頭していきました。

脚本の第3稿が完成した頃には、監督の仕事はティム・バートンに委ねられました。

劇中で軍人時代のエドワードが着けている腕時計は「ハミルトン」

飛行機からパラシュートで飛び降りる際に時計を確認するエドワード。彼が着けている腕時計はスイスの時計ブランド「ハミルトン」です。

劇中で使われているのはハミルトンのカーキ・フィールドだと思われます。


[ハミルトン]HAMILTON 腕時計 カーキ フィールド H70455733 メンズ [並行輸入品]

「ビッグ・フィッシュ」管理人むーの感想

ウィルは父エドワードの作り話にだんだんと嫌気が差し、疎遠になってしまう。しかし、父の死の間際にもう一度正面から向き合い、次第に父の思いを理解していく…。

現実パートとほら話パート(父親の回想)でストーリーが進んでいくんだけど、ほら話パートの色彩がすごく鮮やかで美しい。現実パートが抑えめで地味な色彩なので、よりほら話パートの鮮やかさが強調されていてファンタジー感があり、本当に楽しいお話を聞かされている感じがしてくる。

僕が一番好きなのはラスト。父の話に登場した人物が次々と葬儀に参列するラストシーンは本当に感動的。ほら話だと思っていた父の話は真っ赤な嘘ではなく、少し盛って面白おかしく話していただけの実体験であり、作り話は父親の愛情だったと気付くのは感動的。

また、父エドワードが亡くなる間際に病室で息子ウィルが話す作り話では、エドワードは文字通りビッグフィッシュ(大きな魚)になって川を泳いでいく。ラストでウィルが自身の息子にするお話では、エドワードは物語の主人公になってエドワード自身がビッグフィッシュ(ほら話)の一部になる。すごく綺麗な終わり方。

ちなみにティム・バートン監督の次作「チャーリーとチョコレート工場」でも父子の和解がテーマになっている。

むー

葬儀シーンでサンドラだけ赤い服を着てるのもいいよね

「ビッグ・フィッシュ」管理人むーのおすすめポイント

  • 父子関係を描く美しい物語
  • 鮮やかで綺麗な映像美
  • 様々に展開される飽きないストーリー展開
映画「ビッグ・フィッシュ」を視聴する

※31日間の無料体験中に解約しても料金はかかりません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です