ビジネスや経営学用語を分かりやすく解説するWEBメディア

「誠におめでとうございます」の意味と例文!ビジネスメールで使えるお祝いの言葉

「誠におめでとうございます」とはお祝いの気持ちを伝えるための言葉です。

「誠におめでとうございます」の意味

「めでたい」とは「祝うべきことだ」「喜ばしい」という意味です。

会社の設立、昇進・栄転、受賞などの祝いごとがあったときは、お祝いのメールを送ります。

その際に、お祝いの気持ちを伝える丁寧な言葉が「誠におめでとうございます」です。

お祝いの内容や相手との関係に関わらず使える言葉なので、お祝いメールを送るときに非常に使いやすい表現です。

「おめでとうございます」の頭に「本当に」という意味がある「誠に」をつけることで、お祝いの気持ちの大きさを表すことができます。

「誠におめでとうございます」の例文

起業した人にお祝いする場合
会社設立、誠におめでとうございます。ご事業の益々のご繁栄を祈念いたしております。
○○周年記念へのお祝い
○○株式会社設立10周年、誠におめでとうございます。御社のさらなる発展、継続されることをご祈念いたします。

「誠におめでとうございます」の類語

「誠におめでとうございます」の言い換えとして、「心よりお祝い申し上げます」や「心からお喜び申し上げます」といった表現があります。

「心よりお祝い申し上げます」はややかしこまった印象がある言葉ですが、よく使う定番のフレーズです。

「心からお喜び申し上げます」とは、相手のお祝いごとを自分のことのように喜ぶことを表現し、相手へお祝いの気持ちを伝える言葉です。

どちらもお祝いするときによく使う表現なので、合わせて覚えておきましょう。

お祝いメールを送るときのマナー

お祝いメールでは、お祝い以外の内容は書かないようにしましょう。

また、不吉なことを連想させる「忌み言葉(いみことば)」は使わないほうが良いでしょう。

たとえば、昇進・栄転であれば「落ちる」「終わる」「難しい」など、開店や開業であれば「閉じる」「失う」「壊れる」などがあります。

まとめ:「誠におめでとうございます」の使い方

「誠におめでとうございます」とは、お祝いの気持ちを丁寧に伝えるための言葉です。

「誠におめでとうございます」の言い換え表現として、「心よりお祝い申し上げます」や「心からお喜び申し上げます」があり、どちらも定番のお祝いフレーズです。

お祝いメールを送るときのマナーとして、①お祝い以外の内容を書かない、②忌み言葉を使わないことが挙げられます。

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です