ビジネスや経営学用語を分かりやすく解説するWEBメディア

「お忙しいところ恐れ入りますが」の意味と例文!ビジネスメールで使える恐縮の言葉

「お忙しいところ恐れ入りますが」とは、相手にお願い事をするときにビジネスシーンでよく使われるフレーズです。

「お忙しいところ恐れ入りますが」の意味と使い方

「お忙しいところ恐れ入りますが」とは、相手にお願いごとをして手間をかけさせてしまうことに対して、恐縮の態度をあらわすことのできる表現です。

相手にこちらのお願いのために時間を取ってもらうことに対して、お忙しいのに申し訳ないといった意味合いで使われます。

実際に相手が忙しい場合はもちろん、忙しいかどうかわからない場合でも使うことができます。

繁盛している会社は忙しいという前提で社交辞令的に「お忙しいところ」とつけます。

相手に手間をかけてしまうお願いごとをするときにビジネスシーンでよく使われる言葉です。

「お忙しいところ恐れ入りますが」の例文

メールへの返信のお願い
お忙しいところ恐れ入りますが、○○日までにご返信いただきたくお願い申し上げます。

「お忙しいところ恐れ入りますが」の類語

「お忙しいところ恐れ入りますが」に似た表現として、次の2つが挙げられます。

「ご多用中まことに恐縮でございますが」

「お忙しいところ恐れ入りますが」よほとんど同じ意味で使われる言葉です。

「お忙しいところ恐れ入りますが」より堅い文面で使うことができます。

「ご多忙のところ申し訳ありませんが」

こちらも「お忙しいところ恐れ入りますが」と同じように使える言葉です。

ビジネスシーンでよく使われる表現です。

まとめ:「お忙しいところ恐れ入りますが」の使い方

「お忙しいところ恐れ入りますが」とは、こちらのお願いで相手に時間をとってもらうときに、手間をかけさせて申し訳ないという気持ちを表現するフレーズです。

実際に相手が忙しいか否かに関わらず使える表現です。

関連記事
「恐縮しております」の意味と例文!ビジネスメールで使える恐縮の言葉 「僭越ながら」の意味と例文!ビジネスメールで使える恐縮の言葉 参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です