ビジネスや経営学用語を分かりやすく解説するWEBメディア

「心からお見舞い申し上げます」の意味と例文!ビジネスメールで使える見舞いの言葉

「心からお見舞い申し上げます」は、病気やケガ、災害などのトラブルにあった相手をお見舞いする際に使える定番の表現です。

「心からお見舞い申し上げます」の意味と使い方

「お見舞い申し上げます」は、読んで字のごとく相手にお見舞いするシーン全般で使える、定番の表現です。病気やケガ、災害などの場面で使用できます。

「お見舞い申し上げます」に「心から」をつけることで、より相手を思いやる気持ちを強調できます。

お見舞いメールを送る際は、相手に負担をかけないよう短く本文をまとめましょう。また、病気やケガ、災害の再発を連想してしまう「重なる」「繰り返す」「再び」、最悪の事態を連想してしまう「終わる」などの忌み言葉(不吉なことを連想させる言葉)は使用しないほうが無難です。

「心からお見舞い申し上げます」の例文

相手が入院したとき
今朝、◯◯様が入院されたと聞き、たいへん驚いております。心からお見舞い申し上げます。一日も早いご回復をお祈りしております。

「心からお見舞い申し上げます」の類語

「謹んでお見舞い申し上げます」

「謹んで」は、「心から」よりも強い敬意を表す表現で、よりかしこまった印象を与えることができます。

「お慰めの言葉もございません」

慰める言葉もみつからないという気持ちを表す表現で、相手にお見舞いするフレーズです。葬儀や災害などの場面で使える言葉です。

まとめ:「心からお見舞い申し上げます」の使い方

「心からお見舞い申し上げます」は、災難にあった相手に思いやりの気持ちを伝えることのできる表現です。

事故や入院、災害などの場面でお見舞いメールを送る際によく使われる定番フレーズとなります。

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です