ビジネスや経営学用語を分かりやすく解説するWEBメディア

「お礼申し上げます」の意味と例文!ビジネスメールで使える感謝の言葉

「お礼申し上げます」とはビジネスメールで使える感謝の表現です。

「お礼申し上げます」の意味と使い方

「お礼申し上げます」とは、感謝を表すことのできる使い勝手のよい便利な言葉です。

「ご来場いただけましたこと、心よりお礼申し上げます」のように普段のビジネスメールで使うことができます。

また、頭の「お」を漢字にして「平素はご高配を賜り厚く御礼申し上げます」というように少しかしこまった表現でも使えます。

メールの文中で何度も「ありがとうございました」を使うのはあまり見栄えがよくないので、その際は「お礼申し上げます」といった言葉で言い換えましょう。

さらに、一回「ありがとうございます」といったあとに、感謝が十分ではないと感じてもう一度お礼したい場合には「重ねてお礼申し上げます」というようにも使えます。

「お礼申し上げます」の例文

例文
この度は、税金に関する見識の深いお話をお伺いさせて頂き誠にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

「お礼申し上げます」の強調表現「お礼の申し上げようもございません」

「お礼申し上げます」では、感謝の気持ちが足りないなと思ったときに使える表現が「お礼の申し上げようもございません」です。

感謝の気持ちがより大きいときに使える便利な表現です。

「お礼申し上げます」の類語

「お礼申し上げます」と同じように使える表現として「感謝申し上げます」という言葉があります。

「感謝申し上げます」はややかしこまった印象の言葉なので、少し堅い内容でも使うことができます。

まとめ:「お礼申し上げます」の使い方

「お礼申し上げます」とは、ビジネスメールでよく使う感謝の気持ちを表すフレーズです。

「ありがとうございました」の言い換えとして使うことができます。

また、一度お礼を言ったあとにさらに続けてお礼したいときには「重ねてお礼申し上げます」というようにも使えます。

「お礼申し上げます」は、ビジネスメールにおいて感謝を示す便利のいい言葉でさまざまな場面で使えるため重宝します。

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です