「ご自愛のほどお祈りしております」の意味と例文!ビジネスメールで使える見舞いの言葉

「ご自愛のほどお祈りしております」とは、相手を気遣い自分自身を大切にすることを願う言葉です。

以下で意味や使い方について書いていきます。

「ご自愛のほどお祈りしております」の意味と使い方

そもそも「自愛」とは、「自分を大切にする、自分の健康状態に気をつける」ことを意味します。なので、「ご自愛のほどお祈りしております」は、無理をしないようにと相手を気遣う際に使う言葉になります。

ビジネスメールでよく使われるフレーズで主に文末の締めの言葉として使われます。

「ご自愛のほどお祈りしております」の例文

夏や冬などの季節でよく使われる
時節柄どうぞご自愛ください
怪我や病気を気遣う
○○様、その後のお加減はいかがでしょうか。くれぐれもご無理をなさらず、ご自愛のほどお祈りしております。

「ご自愛のほどお祈りしております」の類語

ご静養のほどお祈りしております

静養とは「病気や疲労の回復などのために、心身をゆったりと休める」ことを意味します。そのため「ご静養のほどお祈りしております」は、「ご自愛のほどお祈りしております」より、相手の健康面を気遣う言葉になります。

まとめ:「ご自愛のほどお祈りしております」の意味と使い方

「ご自愛のほどお祈りしております」は、相手を気遣うときによく使われる表現です。

健康に気をつけ自分自身を大切にしてくださいと伝えることができるフレーズで、文章の締めとして使われます。

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です