「大変ご迷惑をおかけいたしました」の意味と例文!ビジネスメールで使える謝罪の言葉

「大変ご迷惑をおかけいたしました」は、お詫びする際によく使われること言葉です。

「大変ご迷惑おかけいたしました」の意味、使い方

「大変ご迷惑おかけいたしました」とは、相手に迷惑をかけたことに対してお詫びする場合に使う言葉です。

相手に謝罪するときにはただ漠然と謝るのではなく、何に対して謝るのかをきちんと示す必要があります。

その際に、謝罪の対象を具体的にするために使われる言葉が「大変ご迷惑をおかけいたしました」です。

たとえば、「○○○をしてしまい、大変ご迷惑おかけいたしました」というように使います。

「大変ご迷惑おかけいたしました」の例文

ミスを謝る場合
先日は不手際により納品が遅れてしまい、大変ご迷惑おかけいたしました。深くお詫び申し上げます

「大変ご迷惑おかけいたしました」の類語

「大変ご迷惑おかけいたしました」に似た表現として、「ご心配をおかけいたしました」「ご不快の念をおかけしました」といった表現があります。

「ご心配をおかけいたしました」は、相手になにかしらの心配をさせてしまった場合に使う言葉です。心配してくれたお礼の意味で使うこともあります。

「ご不快の念をおかけしました」は、自分の行動や言動によって相手に嫌な思いをさせてしまった場合に使う言葉です。

相手にどういう迷惑をかけたかによって使い分けましょう。

まとめ

「大変ご迷惑おかけいたしました」とは、相手に迷惑をかけたことに対して謝罪する場合に使う言葉です。

謝罪の対象をはっきりさせる場合に使われ、「突然お邪魔して、ご迷惑おかけいたしました」というように使います。

「大変ご迷惑おかけいたしました」の類語として、「ご心配をおかけいたしました」や「ご不快の念をおかけしました」といった表現があります。

「ご心配をおかけいたしました」は相手に心配させて迷惑をかけてしまった場合に、「ご不快の念をおかけしました」は相手に嫌な思いをさせてしまった場合に使う言葉です。

関連記事
「申し訳ありませんでした」の意味と例文!ビジネスメールで使える謝罪の言葉 「お詫び申し上げます」の意味と例文!ビジネスメールで使える謝罪の言葉 参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です