ビジネスや経営学用語を分かりやすく解説するWEBメディア

「申し訳ありませんでした」の意味と例文!ビジネスメールで使える謝罪の言葉

「申し訳ありませんでした」の意味

「申し訳ありませんでした」は相手に対して失礼があったとき、迷惑をかけたときなどにお詫びするための言葉です。

「ごめんなさい」や「すみませんでした」と同じ意味で用いられます。

「申す」とは「言う」という意味です。つまり、「申し訳ありません」とは「言い訳はありません」ということを意味しています。

言い訳はないと自分の非を認めることで、相手への謝罪の気持ちを表現する言葉です。

「申し訳ありませんでした」の例文

送った資料に誤りがあった場合
先日送付いたしました資料に誤りがあったことが判明しました。お手数をお掛けし、誠に申し訳ありませんでした。ただちに修正した資料をお送りいたします。
ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます

「申し訳ありませんでした」の言い換え

「申し訳ありませんでした」以外の謝罪を表す言葉として、「失礼いたしました」という表現があります。

「失礼いたしました」とは、「 礼儀を欠く振る舞いをしてしまいました」という意味で、「すみませんでした」と同じように使います。

「失礼いたしました」は「申し訳ありませんでした」に比べやや気軽に使える表現です。

なので、よりかしこまった場面では「申し訳ありませんでした」を使ったほうが良いでしょう。

まとめ

「申し訳ありませんでした」とは、自分の非を認めて相手にお詫びの気持ちを伝える言葉です。

「申し訳ありませんでした」よりやや気軽に使える謝罪表現に「失礼いたしました」があります。

ちなみに、ビジネスでは「すみませんでした」は少し軽い感じになってしまいますので、あまり使わないほうが良いでしょう。

関連記事
「お詫び申し上げます」の意味と例文!ビジネスメールで使える謝罪の言葉 参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です