ビジネスや経営学用語を分かりやすく解説するWEBメディア

「僭越ながら」の意味と例文!ビジネスメールで使える恐縮の言葉

「僭越ながら」とは、自分の身分を超えて差し出がましいことをしますが、という意味を込めることのできるフレーズです。

「僭越(せんえつ)ながら」の意味と使い方

「僭越」とは、自分の身分や地位を超えて出過ぎたことをするという意味です。

つまり「僭越ながら」とは、「自分はそういった身分や立場ではありませんが」と恐縮しながら、「出過ぎたことは承知の上ですがあえて」という意味合いを込めることのできる表現です。

ビジネスの場で上司など目上の人に意見を述べる際によく使われる言葉です。

「僭越ながら」の例文

目上の人に意見を述べる①
僭越ながら、○○についてご意見申し上げます。
目上の人に意見を述べる②
僭越ながら、私は二番目の案がよいと存じます。

「僭越ながら」の類語

「僭越ながら」に似た表現として、次の2つがあります。

「出過ぎた真似をするようですが」

「出過ぎた真似」とは差し出がましいことという意味があります。

相手に対して意見を述べるときなどに「でしゃばるようですが」とワンクッション置くための言葉です。

「恐れ多いことですが」

「恐れ多い」とは身分の高い人に対して失礼だ、申し訳ないという意味があります。

「恐れ多いことですが」は相手への恐縮を表現する言葉です。

まとめ:僭越ながらの使い方

「僭越ながら」とは、自分の身分や地位を超えて出過ぎたこと、差し出がましいことをするときに使う言葉です。

目上の人に意見を述べる際などに、「出過ぎたことは承知のうえであえて」という意味を込めることのできるフレーズです。

関連記事
「恐縮しております」の意味と例文!ビジネスメールで使える恐縮の言葉 参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です