映画「ガタカ」を無料で見る方法!【あらすじ・感想】

ガタカ

この記事では、1997年に公開された映画「ガタカ」を無料で見る方法を解説します。

また、「ガタカ」のあらすじ・評判・感想についても書いています。

むー

ガタカの無料視聴の仕方や豆知識などを紹介します

今すぐ「ガタカ」が無料で視聴できる動画配信サービス

「ガタカ」は動画配信サービスの「U-NEXT」で視聴可能です。U-NEXTでは新規登録で無料お試し体験ができます。

「ガタカ」をU-NEXTで見る

U-NEXTのおすすめポイントは3つあります。

  • 31日の無料体験期間がある
  • 見放題動画14万本以上、動画レンタル2万本
  • いつでも解約できる

新規登録すると31日間の無料体験期間があり、その期間であれば無料で「ガタカ」を見ることが可能です。

また、無料体験登録で600円分のU-NEXTポイントが貰えます。このポイントを利用して新作映画を視聴することもできます。

※31日間の無料体験中に解約しても料金はかかりません。

本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

「ガタカ」のあらすじ

ガタカ:あらすじ

DNA操作で生まれた“適正者”だけが優遇される近未来。“不適正者”として自然出産で生まれた若者ビンセントは適正者になりすまして宇宙へ旅立とうとするが…。

引用元:ソニー・ピクチャーズ公式

「ガタカ」のキャスト&スタッフ

キャスト
(俳優:役名)
イーサン・ホーク:ヴィンセント・アントン・フリーマン
ユマ・サーマン:アイリーン・カッシーニ
ジュード・ロウ:ジェローム・ユージーン・モロー
ローレン・ディーン:アントン・フリーマン
ザンダー・バークレー:レイマー医師
アラン・アーキン:ヒューゴー刑事
ローレン・ディーン:捜査官アントン
ゴア・ヴィダル:ディレクタージョゼフ
スタッフ
監督・脚本:アンドリュー・ニコル
音楽:マイケル・ナイマン
製作:ダニー・デビート
製作:マイケル・シャンバーグ
製作:ステイシー・シェール
撮影:スァヴォミル・イジャック
美術:ヤン・ロルフス
編集:リサ・ゼノ・チャーギン
衣装デザイン:コリーン・アトウッド

「ガタカ」の評判をTwitterで調べてみた

「ガタカ」の豆知識

「ユージーン」はギリシャ語で「良い生まれの者」という意味

ジュード・ロウが演じるジェローム・ユージーン・モロー。

ジェロームは主人公ヴィンセントに、ジェロームのミドルネームである「ユージーン」と呼んでほしいと言います。この「ユージーン」という名前は、ギリシャ語で「良い生まれの者」という意味です。

遺伝子を改良するという優生学がこの映画の重要なテーマになります。

劇中の未来的な建物は実はかなり古い建物

映画内で出てくる建物の多くは、1950年頃に盛んにみられるようになった「ブルータリズム」という建築形式の建物です。

また、ヴィンセントとアイリーンが歩きながらお互いの身の上話をする場所は、1930年に建設されたロサンゼルスのセプルベダ・ダムです。

むー

近未来的な建物でめっちゃオシャレ

もともとは「The Eighth Day(八日目)」というタイトルで撮影されていた

もともとは「ガタカ」ではなく「The Eighth Day(八日目)」というタイトルで撮影されていました。

聖書の『創世記』では、世界は6日間で神によって創られ、7日目に神は休んだと書かれています。
つまり「八日目」というタイトルは、神がすでに作ったものを人間がいじるという意味です。

しかし、「ガタカ」公開前にベルギーの映画で同じタイトルの「Le Huitième Jour(八日目)」という映画が公開されてしまいました。

そのため、監督・脚本のアンドリュー・ニコルは、新しい映画のタイトルを決めなくてはいけなくなりました。その結果、タイトルは「八日目」から「ガタカ」に変更されました。

むー

個人的に「ガタカ」ってタイトルの方が好き

「ガタカ」管理人むーの感想

生まれてくる子供を遺伝子操作によってより優秀にすることが当たり前になっている世界で、遺伝子操作されていない人々は「不適正者」として差別されているという世界観。

その世界で主人公ヴィンセントは遺伝子操作を受けず、自然分娩で生まれた「不適正者」。ヴィンセントは不適正者ではなれない宇宙飛行士になるという夢を持ち、そのために努力するというのが映画の大筋になる。

僕が「ガタカ」を初めて見たのは、大学の推薦入試の前夜。受験前夜に寝れなくてなんとなくテレビを観ていると、ガタカが始まった。最初はボーッと観てたけどだんだんと映画に引き込まれた。ヴィンセントと自分を重なって結局最後まで観た。

特に印象深いのは「僕に何ができて、何ができないか決めつけるな」というヴィンセントのセリフ。このシーンは努力が報われた感があって本当に泣きそうになるほど良い。

とにかく努力を重ねてなりふり構わずに目標を追うヴィンセントを見ているとすごくやる気が湧いてくる。

「ガタカ」を観て「自分も受験がんばろう!」と思って、やる気まんまんで入試前夜は眠った。結果、この推薦入試には落ちたちゃったのは秘密。

ヴィンセントとジェロームの関係性もすごく好きで、ビジネスパートナーのような関係から親友以上の存在になっていくのって王道ではあるけどやっぱり良い。

ヴィンセントもかっこいいんだけど、ジュード・ロウが演じるジェロームもめちゃくちゃかっこいい。

ジェロームは水泳の金メダル候補だったにも関わらず、結局金メダルを取れず自暴自棄になっていた。そうした中でヴィンセントとの関わりで彼の生き方に触発されて、最後は自分の夢をヴィンセントに託す…。

一方ヴィンセントは地球から旅立つ間際に、地球にも自分の居場所があったんだと気付く。

切ないラストではあるけど、すごく良い余韻がある。

「ガタカ」管理人むーのおすすめポイント

  • 近未来的でオシャレな雰囲気が最高の映画
  • ヴィンセントとジェロームの関係性
  • 運命に屈せず努力を重ねる、すごくやる気の出る映画

むー

この映画を観てジュード・ロウのファンになった
「ガタカ」を視聴する

※31日間の無料体験中に解約しても料金はかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です