映画「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」を無料で見る方法!【あらすじ・感想】

グッド・ウィル・ハンティング

この記事では、1997年に公開された映画「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」を無料で見る方法を解説します。

また、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のあらすじ・評判・感想についても書いています。

むー

ポジティブな気持ちになれるヒューマンドラマ!

今すぐ「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」が無料で視聴できる動画配信サービス

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」は動画配信サービスの「U-NEXT」で視聴可能です。U-NEXTでは新規登録で無料お試し体験ができます。

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」をU-NEXTで見る

U-NEXTのおすすめポイントは3つあります。

  • 31日の無料体験期間がある
  • 見放題動画14万本以上、動画レンタル2万本
  • いつでも解約できる

新規登録すると31日間の無料体験期間があり、その期間であれば無料で「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」を見ることが可能です。

また、無料体験登録で600円分のU-NEXTポイントが貰えます。このポイントを利用して新作映画を視聴することもできます。

※31日間の無料体験中に解約しても料金はかかりません。

本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のあらすじ

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち:あらすじ

フィールズ賞受賞者でマサチューセッツ工科大学数学科教授のジェラルド・ランボーは、数学科の学生たちに代数的グラフ理論の難問を出す。世界屈指の優秀な学生たちが悪戦苦闘する中、いとも簡単に正解を出す者が現れた。その人物は学生ではなく、大学でアルバイト清掃員として働く孤児の青年ウィル・ハンティングであった。
ランボーはウィルの非凡な才能に目をつけ、彼の才能を開花させようとするが、ウィルはケンカをしては鑑別所入りを繰り返す素行の悪い青年だった。ランボーはウィルを更生させるため様々な心理学者にウィルを診てもらうが、皆ウィルにいいようにあしらわれ、サジを投げ出す始末。ランボーは最後の手段として、学生時代の同級生ショーン・マグワイアにカウンセリングを依頼する。ショーンはバンカーヒル・コミュニティ・カレッジで教壇に立つ心理学の講師で、ランボーとは不仲であったが、ウィルの更生のため協力することになった。
ショーンは大学講師として表面的には健全な社会生活を送りながらも、最愛の妻を病気で亡くしたことから孤独に苛まれていた。事情を知らないウィルは当初ショーンをからかっていたが、やがて互いに深い心の傷を負っていることを知り、次第に打ち解けていく。さらにハーバード大学の女学生スカイラーとの恋を通して、ウィルは自分の将来を模索する人間へと徐々に成長していく。

引用元:Wikipedia

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のキャスト&スタッフ

キャスト
(俳優:役名)
マット・デイモン:ウィル・ハンティング
ロビン・ウィリアムズ:ショーン・マグワイア
ベン・アフレック:チャッキー・サリヴァン
ステラン・スカルスガルド:ジェラルド・ランボー
ミニー・ドライヴァー:スカイラー
ケイシー・アフレック:モーガン・オマリー
コール・ハウザー:ビリー・マクブライド
ジョン・マイトン:トム
スコット・ウィリアム・ウィンタース:クラーク
スタッフ
監督:ガス・ヴァン・サント
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン、ジョナサン・ゴードン、スー・アームストロング
製作:ローレンス・ベンダー
脚本:マット・デイモン、ベン・アフレック
撮影:ジャン=イヴ・エスコフィエ
美術:メリッサ・スチュワート
編集:ピエトロ・スカリア
音楽:ダニー・エルフマン
音楽監修:ジェフリー・キンボール
主題歌:エリオット・スミス「MISS MISERY」
衣装デザイン:ベアトリックス・アルーナ・パストーリ

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」の評判をTwitterで調べてみた

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」の豆知識

マット・デイモンがハーバード大学在学中にこの映画の脚本を書いた

マット・デイモンがハーバード大学に在学していたときの集大成として、演劇のシナリオを書いていました。
それをもとに親友のベン・アフレックに手伝ってもらい、この映画の脚本を完成させたそうです。

むー

演者としてだけでなく脚本を書く才能もあるのがすごい!

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」管理人むーの感想

主人公ウィル・ハンティングが徐々に心を開いて新たな一歩を踏み出していく…。人との関わりの中で成長したり良い方向に向かっていったりっていうのはヒューマンドラマの醍醐味だよね。

ウィルとロビン・ウィリアムズ演じる心理学者ショーン・マグワイアとの関係性も良いけど、やっぱり僕が好きなのは親友チャッキー。めちゃくちゃいいやつ。

特に好きなのが解体現場の仕事の休憩中、ウィルとチャッキーが話すシーン。「おまえは当たった宝くじを持ってるのに、現金にするのをためらってる」とウィルに恐れずに自分の才能を活かせと背中を押す。他人の成功を願うのって簡単なようで意外と難しいよね。

ラストシーンも良くてチャッキーがいつものようにウィルを迎えにいって、家のチャイムを押すけどウィルは出てこない。チャッキーはウィルが前を向いて一歩踏み出したことを理解して、微笑みながら車に戻る。すごく素敵なシーン。

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」管理人むーのおすすめポイント

  • ショーン・マグワイアとの関わりの中で徐々に心を開いていくウィル
  • ウィルとチャッキーの友情
  • ヒューマンドラマとしての完成度の高さ

むー

一歩踏み出したいと思っている人におすすめ!
「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」を視聴する

※31日間の無料体験中に解約しても料金はかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です