映画「ホーム・アローン」を無料で見る方法!あらすじ・評判・感想

この記事では、1990年に公開された映画「ホーム・アローン」を無料で見る方法を解説します。

また、「ホーム・アローン」のあらすじ・評判・感想についても書いています。

メガネくん

1年に1回は観たくなるよね

今すぐ「ホーム・アローン」が見られる動画配信サービス

「ホーム・アローン」は動画配信サービスの「U-NEXT」で視聴可能です。U-NEXTは新規登録で無料お試し体験ができます。

「ホーム・アローン」をU-NEXTで見る

U-NEXTのおすすめポイントは3つあります。

  • 31日の無料体験期間がある
  • 見放題動画14万本以上、動画レンタル2万本
  • いつでも解約できる

新規登録すると31日間の無料体験期間があり、その期間であれば無料で「ホーム・アローン」を見ることが可能です。

また、無料体験登録で600円分のU-NEXTポイントが貰えます。このポイントを利用して新作映画を視聴することもできます。

※31日間の無料体験中に解約しても料金はかかりません。

本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

「ホーム・アローン」のあらすじ

ホーム・アローン:あらすじ

クリスマス休暇をパリで過ごすことになったマカリスター一家。だがひょんなことから末っ子のケビンだけが家に取り残されてしまう。うるさい家族と離れ、一人暮らしを満喫するケビン。だが二人組の泥棒が現れ事態は一変。ケビンは家を守るため一人奔走する。

引用元:U-NEXT

「ホーム・アローン」のキャスト&スタッフ

キャスト
(俳優:役名)
マコーレー・カルキン:ケビン・マカリスター
ジョー・ペシ:ハリー・ライム
ダニエル・スターン:マーヴ・マーチャント
ジョン・ハード:父ピーター・マカリスター
ロバーツ・ブロッサム:マーリー老人
キャサリン・オハラ:母ケイト・マカリスター
デヴィン・ラトレイ:バズ・マカリスター
ジョン・キャンディ:ガス・ポリンスキー
スタッフ
監督:クリス・コロンバス
音楽:ジョン・ウィリアムズ
脚本:ジョン・ヒューズ
製作:ジョン・ヒューズ

メガネくん

ケビン役のマコーレー・カルキン、泥棒役のジョー・ペシ、ダニエル・スターンの演技がより映画を面白くしてる!

「ホーム・アローン」の評判をTwitterで調べてみた

「ホーム・アローン」の豆知識

実はマコーレー・カルキンの弟も出演している

主人公ケビンを演じるマコーレー・カルキン。「ホーム・アローン」では、マコーレー・カルキンの弟であるキーラン・カルキンも出演しています。

キーラン・カルキンが演じているのは、よくおねしょをする従兄弟のフラー。あの丸ぶちメガネを掛けた可愛らしい少年がマコーレー・カルキンの弟です。

メガネくん

キーラン・カルキンはゴールデングローブ賞にノミネートされたり、今も役者として活躍してるよ

マカリスター一家の邸宅は観光地になった

映画に登場するマカリスター家の邸宅はイリノイ州ウィネトカのリンカーン通り671番地に存在します。

この家を所有していたジョンとシンシアアベンシェンが2012年に158万5千ドルで売却して、現在は観光地になっています。

メガネくん

1回見てみたい

映画はすべてシカゴで撮影されている

ケビンが故郷のイリノイ州にいるとき、マカリスター一家はパリにいるというストーリーですが、映画は全部シカゴ地域内で撮影されています。

パリ・オルリー空港で撮影されたように見えるシーンは、実はシカゴ・オヘア国際空港で撮影されたものです。

マカリスター一家が搭乗する飛行機の機内のシーンは、高校のバスケットボールコートに作られたセットで撮影したものです。

泥棒マーヴの顔に乗ったタランチュラは本物

あるシーンでケビンがマーヴの顔にタランチュラを乗せます。あれは偽物ではなく本物のタランチュラを使っています。

マーヴを演じるダニエル・スターンは本物を使うことに同意しましたが、テイクは1回までという条件を出したそうです。

タランチュラが顔に乗せられたマーヴは大声で叫びますが、あれはあとから叫び声を吹き替えたものです。

メガネくん

さすがに顔に乗ってる状態で叫ぶのは厳しいよね

ケビンが観ているギャング映画は実際にあるものではない

ケビンが観ているギャング映画。「ホーム・アローン」ではピザ屋の配達員を驚かす際に使ってますよね。

あのギャング映画は、ホーム・アローンで使用するためだけに撮影されたもので実在しません。

「ホーム・アローン」管理人むーの感想

冬に見たくなる映画といえばやっぱりホーム・アローン。テレビで放送してるとついつい見ちゃって人生で何度見たか分からない。

主人公ケビンが泥棒撃退のために自宅にトラップを仕掛けていく。そのトラップにちょっとお間抜けな泥棒二人組がきれいにハマっていくのが面白い。

ただ冷静にみるとトラップの威力がヤバい。めちゃくちゃ痛そう。だけど痛そうだと思うのは多分何回もホーム・アローンを観てしまっているからであって、初めて観るときや久しぶりに観る場合だと気にならない。痛そう(かわいそう)だと思われないような演出や演技になっているから、ただただ面白い。

「家族の大切さ」といったことも描かれていて、家族揃って観るのにもぴったりな映画だと思う。

「ホーム・アローン」管理人むーのおすすめポイント

  • 冬、特にクリスマスシーズンにぴったりの映画
  • ケビンと泥棒2人とのコミカルな戦い
  • 家族揃って観られる内容
「ホーム・アローン」を視聴する

※31日間の無料体験中に解約しても料金はかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です