ビジネスや経営学用語を分かりやすく解説するWEBメディア

ゆでガエル現象とは?その意味やどうやって対処すればよいかわかりやすく説明!

ゆでガエル現象とは、大きな環境変化は気づきやすいが小さな環境変化は認識することが難しいということを表すたとえ話です。

ゆでガエル現象とは?

カエルが熱湯に放り込まれるとびっくりしてすぐにそこから飛び出ます。

ですが、水の状態から少しづつ温めていくとカエルは命の危機に気づかずに、そのままゆでられてゆでガエルになってしまいます。

この話と同じように、人間も大きな危機が突然現れるとすぐに気づいてそれに対処することができますが、少しずつ積み重なっていくような危機を認識することは難しく、気づいたときにはもうどうすることもできないといった状態にあるかもしれません。

企業が「ゆでガエル現象」に陥ってしまうと、危機に気づいたときには手の打ちようがないということになりかねません。

ゆでガエル現象にどうやって対処する?

企業がゆでガエル現象に対処するには、組織革新つまり組織のイノベーションを行うことが重要です。

組織革新を行うためには、経営者が組織に危機感をつくり出して変化のきっかけを与えることが必要です。その際、経営者は組織変革のビジョン(未来像)を示すことも大切です。

まとめ:小さな変化に注意しよう

  • 熱湯に放り込まれたときのように、大きな環境変化には気づきやすい
  • しかし、水からだんだん温められていくような、徐々に積み重なる危機には気づきにくい
  • その危機に気づいたときにはすでに手遅れな状態にあるかもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です