ビジネスや経営学用語を分かりやすく解説するWEBメディア

マーケティングにおける「ニーズ」「欲求」「需要」とは?意味をわかりやすく説明!

マーケティングにおけるニーズ(Needs)の意味

ニーズとは、なにかしらの不足を感じている状態を指します。

この人間のニーズは、マーケティングの基本となるもっとも重要な概念です。

ニーズには、お腹がすいた、のどが渇いた、安全でいたいといった「生理的ニーズ」、集団への所属、愛情といった「社会的ニーズ」、知識、自己表現といった「個人的ニーズ」があります。

このようなニーズは、マーケター(マーケティングを行う人)が作り出すものではなく、人間がもともと持つ性質によるものです。

関連記事

マズローの欲求階層説とは?人間のもつ5つの基本的欲求を解説

マーケティングにおける欲求(Wants)の意味

欲求とは、人間のニーズがより具体的になったものです。

この欲求は、その国の文化や個人の性格によって異なります。

たとえばお腹が空いてなにか食べたいとき、日本人であればお寿司や蕎麦が食べたいと思うかもしれませんし、アメリカ人であればハンバーガーやピザが食べたいと思うかもしれません。

つまり欲求とは、ニーズを満たす特定の対象(上の例ではお寿司やピザ)のことをいいます。

マーケティングにおける需要(Demands)の意味

需要とは、欲求に購買力が伴ったものです。

人間の欲求に限りはありませんが、お金には限りがあります。

なので、人は予算の範囲内で一番高い価値と満足が得られるであろう製品を選ぶことになります。

まとめ

ニーズ
なにかしらの不足を感じている状態。
欲求
人間のニーズがより具体的になったもの。
需要
欲求に購買力が伴ったもの。

優れたマーケティングを行うには、お客さんのニーズ、欲求、需要を知って理解することが重要です。

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です