ロンジンの腕時計を安く修理できるおすすめの修理店【値段・納期】

腕時計が「急に動きが止まった」「時刻が大幅にズレる」「リューズが外れてしまった」といったことはありませんか?

それは故障が生じていたり、オーバーホール(メンテンス)の時期が来ている証拠かもしれません。腕時計は永く使っていくためにも機械式・クオーツ問わず数年に一度オーバーホールを行う必要があります。

むー

オーバーホールは車で言う車検みたいなもの!

この記事では、ロンジン(LONGINES)の修理やオーバーホールに対応しているおすすめの修理屋さんを紹介します。

ロンジンの時計を修理・オーバーホールするなら「リペスタ」

ロンジンの修理・オーバーホールをするなら、「リペスタ」がおすすめです。

それぞれのメーカー毎に十分な知識・経験がある工房と提携しているため、高いレベルの修理を受けることができます。

3つのおすすめポイントと時計郵送の流れ

  • 送料無料、往復送料無料に加え、見積りキャンセルも返送時送料無料
  • 十分な知識・経験がある工房と提携しているので安心
  • 幅広い純正部品の取り扱いもあるので高品質なサービスが受けられる

修理の流れは以下のとおりです。

まずはリペスタのサイトから送料無料の配送キットを申し込みます。配送キットが届いたら時計を送って修理の見積もりをしてもらい、料金がOKであれば修理に進む流れになります。

「リペスタ」の修理料金と納期

オーバーホールや修理価格は破損状況やメーカー等によって異なるので、まずは無料で見積もり依頼をしましょう。

外国産時計 オーバーホール
18,000円~+税
国産産時計 オーバーホール
14,000円~+税

ロンジンの時計を修理・オーバーホールするなら「時計修理専門店WATCH COMPANY」

ロンジンの修理・オーバーホールをするなら、「時計修理専門店WATCH COMPANY」がおすすめです。ロンジン専属チームを組んで修理を行っているので、品質の高い修理・オーバーホールを受けることができます。また現行のロンジンだけではなく、アンティークまで幅広く修理に対応しています。

3つのおすすめポイントと時計郵送の流れ

  • 無料の梱包キットで全国どこでも修理対応が可能
  • ロンジン専属チームを組み、専任で修理を行っているため安心
  • メーカーより安い値段で、部品交換はメーカー純正パーツを使用している

修理の流れとして、まず公式サイトから修理・オーバーホールの依頼をすると「無料梱包キット」が送られてきます。その梱包キットに時計を入れて送ると、修理費用の見積もりの連絡があります。その価格でOKなら修理工程に進めるという流れになります。

「WATCH COMPANY」のYouTube。実際に時計を分解している様子が見られます。

ロンジンの時計の修理・オーバーホール料金と納期

WATCH COMPANYでのロンジンの修理・オーバーホールの価格をまとめてみました。

メーカーで修理するよりも1万円以上安い価格で修理・オーバーホールをすることができます。

さらに納期も2週間と短いのがメリットです。

クオーツ時計
20,000円+税
クオーツのクロノグラフ
25,000円+税
自動巻き
20,000円+税
機械式のクロノグラフ
30,000円+税(納期3週間)

また上記の修理・オーバーホール代金に1万円をプラスすることで、「新品仕上げ」のオプションを付けることもできます。
新品仕上げとは外装・金属部分の磨きをすることで傷を取り、新品のように仕上げることです。

むー

気になる傷がついてしまった場合は、新品仕上げをしてもいいですね

まとめ:ロンジンを末永く使っていくために

ロンジンのような高級時計を末永く使っていくためには、①定期的にオーバーホールを行う、②故障したら修理することが大切です。

「WATCH COMPANY」では、メーカーよりもリーズナブルな値段と早い納期で時計修理を行うことができます。

むー

郵送で全国修理対応してるのも便利!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です